①狂犬病予防注射
狂犬病予防法に基づき生後91日以上の犬には登録(生涯に1回)と
年に1回の狂犬病予防注射の接種と注射済票の交付装着が必要です。
当院は大阪市からの委託動物病院になっておりますので,
大阪市在住の場合は登録および注射済票の交付も行えます。

②混合ワクチン
人と同様に犬や猫にも命に関わる犬猫特有の感染症があり、それぞれに対する免疫をつけて予防するためにワクチンがあります。
当院では犬はジステンパーやパルボウィルス感染症など死亡率の高い感染症に対する6種混合ワクチンと
それに4種類のレプトスピラ感染症のワクチンが追加された10種混合ワクチンがあります。
レプトスピラ感染症は病犬の尿や汚染された水から感染します。またネズミや他の動物からも感染の可能性があります。
猫は3種混合ワクチンを基本的に接種させていただいております。
それぞれの生活環境や年齢、健康状態を考えてワクチンの種類、時期、回数を相談しています

③フィラリア予防
犬フィラリア症は蚊を介してフィラリア(15~25cm位のそうめん状の虫)が寄生することにより
様々な症状を引き起こすもので進行すると命に関わります。
治療にはかなりのリスクを伴うため適切な期間、月1回の予防薬を飲むことが重要です。
シーズンの初めには血液検査にてフィラリアの寄生の有無をチェックする必要があります。
また1年中投薬していただく、年間投薬も可能です。

④内部寄生虫駆虫
消化管に寄生虫が寄生すると食欲不振や体重減少、下痢、嘔吐などの症状がみられたりします。
また人にも感染する寄生虫(人畜共通寄生虫)も存在します。
新たに迎えいれた場合は特に検便や駆虫を行いましょう。また定期的な検便もご検討下さい。

⑤外部寄生虫
ノミ、マダニなどの外部寄生虫は皮膚や被毛、耳などに寄生して痒みや皮膚病の原因となります。
アレルギーなど一緒に住む人への影響も深刻です。ノミやマダニの寄生がみられた場合だけでなく予防的に駆除をお考え下さい。
当院では効果と安全性の高い動物用医薬品を提供しております。

⑥避妊と去勢
「自然のままが1番」、「健康な犬に手術をするのは・・・」と言った意見もありますが、
ペットとして人間の環境の中でともに生活するのに伴い生じる発情や性的ストレス、望まない妊娠の予防や
男性特有の疾患(前立腺疾患、肛門周囲の腫瘍、会陰ヘルニア)、女性特有の疾患(子宮蓄膿症、卵巣疾患、乳腺腫瘍)の予防を考えるとメリットは十分にあります。
デメリットとして手術(全身麻酔の危険性)や太りやすくなることなどがあります。
一緒に末永く幸せに暮らすための最善の選択をする意味でご検討ください。
当院では生後6ヶ月前後から行っております。